人と話すのが苦手な自分と得意な相手との違い

シェアする

悩み

人と会話するのが苦手な自分にとって、上手に楽しそうに会話している人を見ると憧れます。

なぜそんなに会話が途切れることなく弾むのか?

不思議でなりません。

あるテーマがあれば会話することができるのですが、何もない真っ新な状態から会話をスタートすることが難しいのです。

人と話すときに自分が何を考えているのか、どう思われているのかを分析してみました。

スポンサーリンク
PC用広告

会話が苦手となっている原因

1.相手が興味ある題材は何かを考えてしまう

相手が全く興味ない話をしたとしても、会話は弾まないと考えている。

なので、相手が何に興味があるのかを把握してからでないと会話ができない。

つまり、初対面や面識の浅い方とは会話することを避けてしまう。

2.話かけられたときの返事を考えてしまう

突然話かけられたときに、どう返せばよいのかを頭で考えてしまう。

結局、一言二言の返事で会話が途切れてしまう。

会話上手な方は、一言二言では終わらない。

話かけられたことに対して返事をし、さらに会話を上乗せしていく。

これがなぜできるのかが不思議でたまらない。

3.相手が嫌がらないことを考えている

失礼なことを言ったことにならないか?

どう返すのが正解なのだろうか?

と、まず頭で考えて話していることに気づいた。

会話上手な人は、こんなことをいちいち考えて話していないはず。

4.愛想がない

考えてみたら、会話上手な人は表情が豊かである。

自分もそのように会話をしたい気持ちはあるし、そうなりたいと思っている。

が、相手が言ったことを頭で考えてしまうため、反応が遅くなり、考えている表情で会話が終わってしまうため、「愛想がない」「無表情」「無感情」と思われてしまう。

会話上手になるには

ネットで検索してみた結果、以下のようにすれば上手になれる。

沈黙を怖がらず、失敗を恐れず、表情を柔らかくする。

そっけない反応はしない。

一言で反応はせず、もう一言上乗せして返す。

相手に興味を持つ。

これができないから苦労しているんだが。。。

相手に興味を持つってことは、初対面の人に色々と質問をすることになり、失礼ではないか?ウザがられないか?と考えてしまうが、まずは第一歩として「相手に興味を持つ」からやってみることにする。

スポンサーリンク
PC用広告

フォローする

スポンサーリンク
PC用広告