自宅で鍋料理を美味しく作るにはstaub(ストウブ)が欠かせない

シェアする

寒い日は鍋に限りますよね。

鍋料理と言えば、ちゃんこやおでん、水炊きなど、いいですねぇ。

出来上がったものを食べる側は美味しいかどうかだけなんですが、料理する側になると、やっぱり美味しく仕上がる鍋、作っててテンションがあがる鍋が欲しい。ってなるんです。

自分のお気に入りを使うことで、嫌な仕事や苦手なこと、気が進まないことが解消されたりしませんか。

鍋を使って料理するのって、ちゃんこやおでん以外に、肉じゃがやカレーやハヤシライスなんかも鍋を使って調理しますよね。

ここで気を遣うのが、焦げないように常に混ぜて監視しておかないといけないということ。

周りから良く聞くこと

どうせ鍋底が焦げ付くんだから、安い鍋を使って焦げがひどくなったら買いなおせばいいよ。

これって、本当なのか?と常に疑問でした。

本当なのか?の真意は、安い鍋が簡単に焦げ付くのかということではなく、調理器具に対して愛情なく(言い過ぎかな)調理しているのが本当なのか?ということ。

作る側になると、すぐに捨ててしまう調理器具と一緒に料理したくないです。

そこで、MOCO’Sキッチンでも使われていたstaubの鍋を購入しました。

staub 鍋

staub(ストウブ)

いやぁ、これいいですよ。見た目バッチリ、機能性バッチリ、美味しさバッチリ。

値段は高いですが、毎回買いなおすのと結局同じ価格になるんではないでしょうか。

であれば、美味しく仕上がるstaubを使って、夕食を楽しく作って、美味しく食べる。

これが正に「買う価値がある」ということです。

短期間で見ると、価格が高いものを購入する気がなくなると思いますが、長期間で見てください。安い鍋よりも確実に寿命は長いし、美味しく仕上がる。てことを考えると、決して高い買い物ではないです。

お気に入りを使うべし

鍋に限らず、毎日使うものであれば特にですが、多少値が張るものを買うべきです。

お気に入りのものって、壊れないよう、傷つかないよう、大事に使いますよね。

消耗品以外は、こういった商品を購入することで、小さな幸せを感じていけるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
PC用広告

フォローする

スポンサーリンク
PC用広告