Ruby技術者認定試験 Silver 合格への7日間勉強 ~6日目~

シェアする

Ruby Association Certified Ruby Programmer Silver version 2.1
資格獲得に向けて、Silverの試験範囲をまとめていきます。

全7日+付録の構成で公開していきます。

rubyのコードと実行結果を載せていますが、rubyのバージョンは2.1です。

さぁ、6日目スタートです。

1.正規表現(Regexp)クラス

正規表現を使うと、文字列から特定のパターンに一致する部分を検索したり、切り出したりすることができます。

1.1 正規表現の生成

スラッシュで囲むか、%記法を使って生成します。

/[0-9]{3}-[0-9]{4}/
%r|[0-9]{3}-[0-9]{4}|

%記法は、%rの直後に記述した文字が区切り文字となります。

$&、$、$'は、組み込み変数と言います。
$&は、マッチした文字列
$
は、マッチした文字列の前までの文字列
$’は、マッチした文字列の後ろの文字列

1.2 正規表現記号

ちょっとややこしいです。

得意・不得意に分かれるところかと思います。

これ、私も最初はなんのこっちゃ?と思い、捨てようと思いましたが

結構試験にでます

正規表現を攻略するには、コードを書いて全部試してみるのが攻略への1番の近道です。

やり始めると意外や意外、かなり頭に入ってきますよ。

最終的には、得意分野になりましたので。

以上で、6日目は終了です。

お疲れ様でした。

 7日目公開しました!! 

Ruby技術者認定試験 Silver 合格への7日間勉強 ~7日目~
RubyのFileクラス、Dirクラス、Timeクラスについて記載しています。
スポンサーリンク
PC用広告

フォローする

スポンサーリンク
PC用広告