Ruby技術者認定試験 Silver 合格への7日間勉強 ~4日目~

シェアする

Ruby Association Certified Ruby Programmer Silver version 2.1
資格獲得に向けて、Silverの試験範囲をまとめていきます。

全7日+付録の構成で公開していきます。

rubyのコードと実行結果を載せていますが、rubyのバージョンは2.1です。

さぁ、4日目スタートです。

1.配列(Array)クラス

1.1 配列の生成

%w、%Wの%記法は、wまたはWの次の文字が区切り文字となる。
%wと%Wの違いは、%Wが式展開が有効になります。要素間は空白で区切ります。

1.2 要素へのアクセス

対応する要素がない場合は、nilが返ってきます。

1.3 要素の追加と削除

まずは、要素の追加です。要素を追加するメソッドは
+ << push unshift
があります。

+ << pushメソッドは、末尾に要素を追加します。
unshiftメソッドは、先頭に要素を追加します。
お気づきの通り、<< push unshift は、破壊的メソッドです。

次に、要素の削除です。
要素を削除するメソッドは、
pop shift delete delete_at delete_if reject clear
があります。

rejectのみが非破壊的メソッドです。

1.4 要素数の取得

lengthもsizeも同じ結果となります。

1.5 その他のメソッド

map = collect、select = find_all、detect = find と覚えておきましょう。

以上で、4日目は終了です。

お疲れ様でした。

 5日目公開しました!! 

Ruby技術者認定試験 Silver 合格への7日間勉強 ~5日目~
Rubyのハッシュ(Hash)クラスについて説明しています。試験によく出る範囲です。
スポンサーリンク
PC用広告

フォローする

スポンサーリンク
PC用広告