福岡の篠栗町にある「世界一大きな横たわる大仏」金運アップ

シェアする

南蔵院

福岡に30数年住んでいますが、初めて行って見てきました。

福岡県粕屋郡篠栗町にある南蔵院の釈迦涅槃像。

住職が宝くじで1億当てたということがあり、金運パワースポットとも言われています。

若い方からお年寄りまで、たくさんの方が観光で訪れていました。

釈迦涅槃像

全長41m、高さ11m、重さ300トン、ブロンズ製の涅槃像としては世界最大です。

足の裏の金色のところを触ると、金運が上昇すると言われています。

涅槃像の正面にお参りをするところがあるんですが、そこに涅槃像の手とつながった布がありますんで、それにも触れておきましたよ。

世界最大ということで、涅槃像が目立っていますが、南蔵院には涅槃像以外にも見るべきところがあるんです。

金剛力士像

金剛力士像

誰もが知っている社会の教科書に出てくるやつです。

涅槃像に比べると大きくないですが、子供が怖がってしまうほど、迫力満点の像でした。

七福神

写真を撮っていいものか迷ってしまって、撮っていません。

南蔵院から涅槃像がある場所まで、トンネルをくぐって行くんですが、そのトンネル内に七福神様はいます。見た人にしか分からないですが、幻想的というか何というか、ずっと見ていたいと思うほど感動しましたね。

見て回る順番は大事

南蔵院に行かれた時は、涅槃像は最後に見てください。

最初に見てしまうと、金剛力士像の凄さが半減してしまいます。

まずは、金剛力士像を見て恐怖を味わい、それから涅槃像を見に行く途中で七福神を見て癒され、最後に涅槃像を見て驚愕を味わうのがおすすめです。

もし、県外から来られる方がいれば、ぜひ連れて行ってあげましょう。

篠栗町は「こんにゃく」が有名

南蔵院周辺のお土産屋では、こんにゃくが主に販売されていました。

おすすめは、志免町から南蔵院に向かう途中に、こんにゃくの直売所があります。

「直ちゃん市場」というところで、運が良ければ店員さんが旗振りしているので直ぐに分かります。

直売所内では、色んなこんにゃくの試食ができますので、お好みのものを見つけてください。

おすすめは、さしみこんにゃくです。

スポンサーリンク
PC用広告

フォローする

スポンサーリンク
PC用広告