Javaのアプリケーション開発で読んでおきたい参考書

シェアする

Java開発をやる上で、非常に参考になった参考書を紹介します。

難易度が高いので、Java Silverに合格できる方以上に対する参考書となります。

Java参考書

いいコードとは何か

私も非常に悩みました。

ステップ数が削減できるコードがいいのか、冗長になるけど親しみのあるコードがいいのか。

結論は、「後から見た人が分かるコード、保守しやすいコード」です。

これは、変数名やメソッド名で何をやるものかが明確に分かるものであり、コード修正が必要な時にに、修正するスコープが狭くなっているものがいいコードになります。

このようなコーディングをする上で、一度は目を通しておきたいのが「EFFECTIVE JAVA」です。

EFFECTIVE JAVA

わかりやすいJavaEE

JavaEEって何ぞや?って思っている方にとって非常に分かりやすい参考書になります。

JPAについての詳細も記載されており、サンプルコードもありますので、内容を理解するのに非常に分かりやすい参考でした。

今売ってないんですかねぇ。。見つかりませんでした。

Apatch Spark

このご時世のキーワードとして、「ビッグデータ」というのがありますね。

大量データを処理する上で、Apatch Sparkというのが有効となります。

非常に優れたパフォーマンスで処理してくれますので、知っておいて損はありません。

Java資格取得がまだの方は、こちらを参考に。

Java SE8 Silver合格(ここまでやれば合格間違いなし)
2017年10月にJava SE8 Silverに正解率97%で合格。参考書の模擬試験ができれば合格できるのか?が分かりました。 受験した結果、思わぬラッキーなこともありましたので、それも公開しています。
スポンサーリンク
PC用広告

フォローする

スポンサーリンク
PC用広告