運動会やキャンプの荷物運びに最適なキャリーワゴンのおすすめ

シェアする

夏といえば、バーベキュー、キャンプ、運動会などなど

大勢でワイワイ楽しむイベントの季節です。

そんなイベントに、必ず持っていくものといえば

テント、イス、テーブル、食材、飲み物と重いものがたくさんです。

荷物を減らして持ち運びを楽に。とする考えで望むと不便な事が多くて、快適に過ごすことができません。

そこで、今回紹介するキャリーワゴンがあれば、荷物の持ち運びに苦労することがなくなり、快適にイベントを楽しむことができます。

コールマン アウトドアワゴン

サイズ : 使用時/約106×53×100(h)cm
収納時/約18×40×77(h)cm
荷台/約88×42×31(h)cm
重量  : 約11kg
耐荷重 : 約100kg

100kgまで積むことができるので、必須アイテムであるテントやイス、テーブルに飲み物など全て積むことができます。

しかし、積載量は良くても、押しにくかったら意味がない。

これが1番気になっていました。

砂利道、砂、草で試してみた

コールマンアウトドアワゴンのタイヤ

タイヤがしっかりしていたため、全く問題なくワゴンを移動させることができました。
持ち手も引っ張りやすく、タイヤが引っ掛かって押せないということもなく
現地まで荷物を運ぶことができます。

組み立て、収納は簡単なのか

コールマンアウトドアワゴン

まずは、下で止めてあるマジックテープを外して、上からかぶせている袋を取ります。

コールマンアウトドアワゴン

ここもマジックテープで止めてあるので、これを外します。

そして、横に広げて、下板を置けばワゴンの完成です。

収納するときは、

コールマンアウトドアワゴン

下板を外すと、ワゴン中央に上記のように持ち手があります。

これを上に引っ張り上げると、ワゴンが畳めます。

ここからは、組み立てと逆順で、マジックテープでワゴンを止めていけば収納完了。

これ、小学2年生でも一人でできました。

それぐらい簡単です。

荷物の持ち運び以外での使い道

外枠がしっかりしているので、天板をのせてテーブルとして使っている方もいます。

インスタなどで検索すると、おしゃれな天板をのせている画像が貼ってあります。

子供がいれば、このワゴンに乗って遊ばせると、かなり喜んで遊びます。
ただし、ジャンプすると下板が割れるので、ジャンプは禁止。

また、小さい子に限りますが、子供が寝たときにベッドとしても使えますね。

価格は

店舗では15%OFFのセール価格となっていましたが、それでもアマゾンの方が二千円程度安かったです。
使い勝手抜群のこの商品は、私の中の買って良かった商品にランクインしました。

アウトドアワゴンと同時購入したのは、コールマンのクーラーボックス。

折りたたむことができないBOXは個人的都合によりNGでしたので、収納しやすいものを。
デザインに惚れて購入しましたが、保冷性も良かったですよ。

さらに、アウトドアで冷たいビールを堪能するには、サーモスタンブラーもお忘れなく。

キンキンに冷えたままでビールが飲める
自宅でビールを飲む人には、本当に本当におすすめです。2,000程度で美味しさが倍増します!! 夏に効力を最大限発揮する商品なので、夏にサーモスタンブラーなしでビール飲むのは考えられません。
スポンサーリンク
PC用広告

フォローする

スポンサーリンク
PC用広告